ポスターを作る時に愛用されているマグネットシート

印刷に関係することは情報通信会社に相談しよう

流行している痛車

5,6年ほど前から痛車が流行っています。痛車とは車にシールなどでアニメのキャラクターを貼り付けたものです。 「イタ車」と言えばかつてはイタリア製の車という意味でしたが、今では響きやイントネーションだけでは「イタ車」と「痛車」の区別がつか来ませんが、でも「俺イタシャに乗っているだ」と自慢げに話す人がいたとすればその人の風貌を見るとなんとなくどちらの車なのかがわかるのです。 それだけ痛車は痛い人が乗っているという車の意味でなんとなく自虐的な感じがすると思う人は少なくないでしょう。 痛車になる車は安い車だけではなく、外車などの高級車を痛車にしている人もいますので、車種に限定はありませんが、スポーツカーがやや多い印象があります。

そんな痛車ですが、とにかく目立つのが印象です。「男性が街を歩いていて振り返るのはきれいな女性と痛車ぐらいだ」という言葉もあるくらい目立つのです。 外見で目立ちたいということは、うがった見方になるかもしれませんが、それだけ自己表現が苦手な人が多いという解釈もできるのです。 では、話は変わり、痛車を作る場合、どれくらいかかるのでしょうか。これは全面にシールを貼るのか、それとも一部のみにシールを貼るのかによってその価格が変わってきます。 おおよその価格は、窓以外の車体に貼るシールの場合で1平方メートル当たり1万円ぐらいが相場になります。 これに対して、窓ガラスに貼るものは少し特殊です。これはスモークと同じで車の外からは中の様子は見にくくても、車の中から外が見やすくなければならないので、特殊な素材を使っているのです。1平方メートル当たり2万円ぐらいが相場になります。

Copyright© 2015 ポスターを作る時に愛用されているマグネットシートAll Rights Reserved.