ポスターを作る時に愛用されているマグネットシート

印刷に関係することは情報通信会社に相談しよう

近未来的な

情報の電子化が生む近未来的なオフィス

あらゆる文書が電子化されて管理される時代が到来したことにより、オフィスにおいてはパソコンを扱えることが前提となっています。省資源の考え方から紙への印刷すら行わないように奨励する動きができてきており、今後はますますペーパーレス化への動きが強まるでしょう。 ペーパーレス化はオフィススペースを広げることに貢献することから、既存の文書についても今後は電子化が進められていく傾向が生まれるでしょう。製本された資料であってもスキャンをして電子化してくれる代行業者も存在しており、そういったサービスの利用が進むでしょう。そして、印刷された文書が存在せず、電子機器のみが並ぶオフィスが実現するようになると予想されます。

ペーパーレス化が生むリスクと対応策

情報の電子化の進行とペーパーレスオフィスが実現に向かっていくことで利便性が高まることは間違いないでしょう。しかし、文書を急速に電子化が進み、紙媒体が減っていくことには2つのリスクがあります。 1つは電気の供給が途絶えたときの対応です。紙媒体があれば仕事を続行することも、問い合わせに対応するために資料を開くことも可能です。しかし、全てが電子化されていると停電1つで業務が全て停止することにつながってしまいます。太陽光などによる自家発電システムの導入が不可欠になるでしょう。 一方、セキュリティーがもう1つの課題になります。情報機器は皆ネットワークにつながっているのが一般的であり、外部からの侵入による情報漏洩や消去への対策が十分に行われていく必要があります。その確かな準備がなければペーパーレス化された近未来的なオフィスは実現が難しいでしょう。

Copyright© 2015 ポスターを作る時に愛用されているマグネットシートAll Rights Reserved.