ポスターを作る時に愛用されているマグネットシート

印刷に関係することは情報通信会社に相談しよう

ポスターについて

ポスター用データ作成時に気をつけること

ポスターを作製する場合に気をつけることがいくつかあります。一番気をつけなければいけないものはポスター化するデータの画像解像度です。PC上と印刷物とでは必要な画像解像度が違ってきます。印刷を行う前に画像解像度が350dpiであるか確認してください。また、印刷物が巨大で遠目から見ることを目的とされているなら多少解像度を落とす事も可能です。次に気をつけなければならない点は文字のアウトライン化です。作成したフォントが印刷会社側では用意できない場合があり、印刷したら別のフォントになってしまうことがあります。アウトライン化されていない場合は印刷会社側から確認と修正の連絡がきます。双方の手間となるので忘れずにアウトライン化しておきましょう。

印刷物がよくなる豆知識

気にしておくとよりよいポスターとなることがいくつかあります。まず、文字を配置する場所です。文字をポスターの端に配置してしまうと裁断されてしまったり完成時に窮屈となってしまいます。余裕をもって内側へ配置しましょう。次に、画像作成時の特殊効果についてです。特殊効果の中にはドロップシャドウなどよく使われるものがあります。しかし、この特殊効果ですがうまく印刷されない場合があります。どうしても使いたい場合はあらかじめ確認をしておき、そうでない場合は極力特殊効果は使わないようにしましょう。最後に色についてです。印刷するときの基本はカラーモードをCMYKにして印刷します。しかし、最近ではRGBに対応している場所も増えてきました。印刷時の変色を防止する為にこの点も確認しておくとよいでしょう。

Copyright© 2015 ポスターを作る時に愛用されているマグネットシートAll Rights Reserved.